« 10月14日(土)子どもコース | トップページ | 10月18日(水)障がい者コース »

2017年10月15日 (日)

ドイツ記⑦ベルリンの壁2

こんにちは。

ドイツ記、今週は先週に引き続き

ベルリンの壁についてお伝えします。

現在も壁が残されているベルナウアー通り、

ここが一番壁の恐ろしさを実感することが

出来ます。

Photo

先週も書きましたが、ベルリンの壁とは

旧東ドイツの首都であったベルリンの中に

西側(米・英・仏)が管理する「西ベルリン」

地区がありw(゚o゚)w、西側が経済的に栄えた

為に東側共産圏からの移住者が増え続け

旧ソ連と東ドイツ政府が突然壁を建設して

西ベルリンを取り囲み

それをストップさせようとしたものでした。

02409_n
これは壁建設が決定されたとき建設労働者

動員することについて話し合っている様子。

6063_n

実際は東側と西側で2枚の壁が並行して

建てられ、間にこのような緩衝地帯が

あったのです。向こうが東側。

この「緩衝地帯」が実に恐ろしいところだった

のです。

67459_n

このような鉄釘が一面に敷かれていたり、

狂犬が放たれていたり。

見つかると東側から射殺されました。

P1070514
ここにある資料館には当時の有刺鉄線の

模型も展示されています。

30832_n

612501_n
当時壁を乗り越えて西側に行こうとして

射殺された人達の遺影が緩衝地帯に

残されています。

突然家族や恋人と離ればなれに

された人達や、東側の体制に疑問を

感じていた人達です。

09821_n
ちゃんとした慰霊の為の記念碑も建てられて

いますがこのような十字架もいくつか・・。

P1070501


Photo_2
そしてこの地帯にあって第2次大戦中

連合軍の空襲により破壊された教会は

現在は「和解の礼拝堂」として残されています。

戦争の愚かさを象徴しているようです。

**--*:--*:--

そしてもうひとつ有名な壁の跡はここ

イーストサイドギャラリー。

Easttippoke

オストバンホフ(東駅)降りて100メートル程

歩くとシュプレー川沿いに約1.3キロにわたって

旧壁の跡に世界21カ国から集まった118名の

アーチスト達による壁画が残されています。

地下鉄Uバーンのワルシャワーストラーゼ

のほうから行くことも出来ます。

今回はこっちのほうから歩いてみました。

Dsc00870s

シュプレー河畔は今ではすっかり観光スポット

になっていてリゾート地のようです。w(゚o゚)w

昔地獄、今天国。w(゚o゚)w

Dsc00869s
こんなソフトクリーム屋さんもあったりして。

ヽ(´▽`)/

Dsc01247s
お土産屋さんもあります。(*^-^)

Dsc00866s
所々にこういう表示があります。

Dsc00868s
レストランの建物の中には壁博物館も。

なかなか見ごたえあり。

・・こんな壁画がずーっと続いていきます。

Dsc01279s

Dsc01280
これは旧東ドイツの車が壁を破ってる。

Dsc01355

Dsc01357
これは日本人作家なんでしょうか??

落書きも多いけど昔よりは修復されてる

ようです。(^-^;

Dsc01375

Dsc01363

世界中から観光客がやってきて写真

撮ってます。アジアからも多いですよ。

(*^-^)  中国、韓国多数。

Dsc01343

そして一番人気なのがこの絵。

これは旧ソ連のブレジネフ書記長と

旧東ドイツのホーネッカー書記長が

キスしてるところ。

壁崩壊前の2国の癒着を風刺したものです。

これの前でキスしてるところを記念に写真に

撮っていくカップル多数。(^-^;heart

私も何組か撮ってあげました(^-^;

47894_n

7269_n
こんな子どもの流しもいたりしてw(゚o゚)w

それがすごく上手!!( Д) ゚ ゚

クラシックのバイオリン2重奏。

みんな感心して聴き入っていました。

私も1ユーロ入れちゃいましたよ。(*^-^)

**--*:--*:--

あとずらずら続いて・・

Dsc01278s

Dsc01282s

Dsc01285s

Dsc01378

この辺でオストバンホフ(東駅)です。

**--*:--*:--**

・・さて、このイーストサイドギャラリーの

近くに「シュレジアブッシュの境界監視塔」

という実に恐ろしいものが残っています。

そこから亡命する人達を撃ち殺して

いたという。

**--**--**--

日曜日だけは中に入って上らせて

くれるとのことで行ってみました。

(゚ー゚; ・・ 旧東側。

最初どこか分からなかったが・・

そこいらの人に訊いたりして・・(^-^;

意外と英語が通じなくて困りましたが

(;´Д`A ```

22042_n

やっとわかりました、これです!

960_n

中にいたこわーい番人?の人にお願いして

中に入らせてもらう。(^-^;

0962_n

急な階段を中2階まで昇ると・・

8851_n
そこから銃口を向けていたであろう小窓が。

ああここから何人の人達が撃ち殺された

のでしょうか。酷い話です。

73624_n

窓から下を覗くと今はのどかな公園。

4208_n

平和でいいなあ。・・・(*^-^)(o^-^o)

いつまでもこれが続くようにと願うばかり。

11101_n


8627_n


そう思いながら急な階段を下りていきました。

((・(ェ)・;))

・・そういえば一番てっぺんまでは

昇らなかった・・何で??

( ̄Д ̄;;

あんまり恐ろしくてそれ以上

考えられなかった??

・・以上ベルリンの壁編でした。

**--*:--*:--**

さて来週は、これも重要なベルリンの博物館の

ひとつ、「ユダヤ博物館」を送りします。

斬新な建物が必見です。

お楽しみにヽ(´▽`)/

https://studio.artuminaka.com/

 

« 10月14日(土)子どもコース | トップページ | 10月18日(水)障がい者コース »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601419/65913786

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ記⑦ベルリンの壁2:

« 10月14日(土)子どもコース | トップページ | 10月18日(水)障がい者コース »