« ドイツ記23アイゼナハ | トップページ | 2月25日(日)中高生コース »

2018年2月25日 (日)

ドイツ記24バッハハウス・ルターハウス

こんにちは。

ドイツ記24

今日は先週に引き続き

ゲーテが愛した街アイゼナハです。

ゲーテ街道のハイライトといわれる

ところです。

そうそう先週お伝えしたバルトブルク城内の

大事な写真をひとつアップし忘れてました

(^-^;

73965_n
いかにも12世紀の初めに建てられた城といった

感じですよね(*^-^)

**:==**==

Photo
さて街を歩いているとバッハが洗礼を受け

ルターが説教をした聖ゲオルゲン教会が

あります∑(゚∇゚|||)

***==*:==

地図を頼りにまずバッハハウスを探します。

・・・・・・・・・・・・・・

Photo_2

あ、立派なバッハの像がありました。

ヽ(´▽`)/

59446_n

その横に建つ、これですねヽ(´▽`)/

手前の黄色い建物が旧館、奥の現代的な

建物が新館です。

Photo_2

バッハはここで1685年に生まれました。

これはその頃一般的に使われていたという

ゆりかご;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

威厳あるバッハも最初は赤ちゃんだったん

ですもんね(*^-^)(^-^;

8785

そしてこれはその頃の台所。

・・・当時の生活が偲べます(*^-^)

そして・・・

旧館の中にはバッハの時代に使われていた

様々な楽器類が展示されています。

59012_n
・・・これは何だったか??(^-^;

65613_n

Photo


73861_n

・・・・フェルメールの絵にでてくるような

17,18世紀の頃の楽器の数々・・(゚▽゚*)

250320_n

92

93383_n
・・そしてこんな綺麗なお庭もあって・・・

67717_n
これはバッハの書斎。

ここで数々の楽曲が生み出されたんですね

∑(゚∇゚|||)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、最近建てられた新館のほうに

行ってみます。

79099_n
バッハはルターの厚い信奉者でした。

ルターも音楽を愛し教会音楽を作曲していた

そうですがw(゚o゚)w・・・

その200年後にここに生まれたバッハによって

数々の素晴らしい教会音楽、カンタータが

生み出されました(゚▽゚*);:゙;`(゚∀゚)`;:゙

04211_n

当時の楽譜がそのまま展示してあって・・

それをすべて最新の技術、素晴らしい

音響でヘッドホンで聴くことが出来ます

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙これが楽しみだったんです♪

Photo_3
こういう半月形の椅子に乗ってゆらゆら

揺れながら聴くことも出来ます。

いやー、もう本当にその音楽が素晴らしくて

ここで4時間くらい観たり聴いたり

してました(*^-^)

色々な人達によるバッハの演奏シーン

を見せてくれる映像室なんかもあって

すごくオシャレー・・(゚0゚)でした(゚▽゚*)

Photo_5
・・・・・・・さてバッハハウスを存分に

楽しんだあとすぐ近くにあるルター

ハウスへ。こんな道を歩いて・・

10分もかかりません。

2人の関わりの深さを表しているようです。

625813_n

ルターの顔が見えてきました・・・

街中にはその像もあります。

235875_n
去年はルター誕生500年記念の年だったので

記念切手も発売されていましたが

そんなに派手に祝っている感じは

しませんでした。

54867_n
これがルターハウス。

裕福な商人の家だったようですがルターは

15歳頃ここに下宿して勉学に励んでいた

そうです(゚▽゚*)

横に建つガラス張りの建物が新館。

1
旧館の中にはやはり使用していた机など

数々のゆかりのものが展示してあります。

708

これはバルトブルク城でラテン語からドイツ語

に翻訳した聖書を運んだ櫃・・??

Photo_6

これが元祖ルター聖書です。

97372_n

53456_n

うーんつくづくドイツに来た感じがします

( ̄▽ ̄)

5774_n
こういうちょっとしたコーナーにも

趣が・・・(*^-^)

・・・・・・新館ではルターの業績をデジタル

映像で見せてくれる構成になっています。

・・・日頃ルーテル教会で活動してる訳でも

ない私がこんなに見る資格あるんだろうか??

というくらい堪能したあとは・・・

ワグナー博物館を訪ねてみました。

3

ロイターヴィラと呼ばれるこの建物には

バルトブルク城を舞台にした

「タンホイザー序曲」を作曲したワグナーに

関する資料が数多く展示されています。

53149_n_2

ワグナーは19世紀初頭生まれの人ですから

展示されている楽器もぐっと近代という感じに

( ̄▽ ̄)

19333_n
ロイターという人が住んでいたお屋敷が

博物館になってます。

586659_n
ワグナー手書きの楽譜。

2
こんなお部屋がいくつあったかなあ・・(^-^;

***==***==

・・・いやーアイゼナハって本当に充実して

ますねえ。

2日間滞在して正解でした。(゚▽゚*)

さて来週はバッハに因んでベルリンの

楽器博物館をご紹介します。

056_n

古くからの面白い楽器が数多く展示されて

います。

お楽しみにヽ(´▽`)/

https://studio.artuminaka.com/

« ドイツ記23アイゼナハ | トップページ | 2月25日(日)中高生コース »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601419/66429344

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ記24バッハハウス・ルターハウス:

« ドイツ記23アイゼナハ | トップページ | 2月25日(日)中高生コース »