« 6月9日(土)子どもコース | トップページ | 6月16日(土)中高校生コース »

2018年6月10日 (日)

ドイツ記34ベネチアビエンナーレ

こんにちは。

昨年9月から10ヶ月にわたって

お伝えしてきましたドイツ記。

今日がいよいよ最終回、

ベネチアビエンナーレの巻です。

18
十字軍の遠征の頃から経済の要所として

栄えてきたベネチアの積荷港です。

古くから経済の栄えたところで芸術も

発達してきましたがここベネチアでは

2年に1度世界的な現代美術の祭典が

開催されます。

Dsc05590
貴族の邸宅のような建物がそれぞれの国別の

展示会場となっています。

ここはフランス館です。

音楽と人間の関係を追及したような作品。

Dsc05531
ここはベルギー館。環境問題を訴える。

Dsc05582
ここはチェコスロバキア館。ここも環境問題を

テーマにしたインスタレーション。

Dsc05614
ここはカナダ館。水を使った噴水のような展示。

Dsc05632
ちょっと離れたところにあるベネズエラ館。

Dsc05635
ここはスイス館。

Dsc05647
巡っていると途中こんなモザイクの・・(゚ー゚)

イタリアらしいなあ・・(*^-^)

Dsc05653
ここはポーランド館。写真や映像など。

Dsc05688
エジプト館などはちょっと離れてます。

Dsc05530
スペイン館。

Dsc05576
アメリカ館。

Dsc05607
イギリス館。

アメリカとともに激しい印象でした(^-^;


ルーマニア、フィンランド館を経て・・

Dsc05648
ブラジル館・・もちょっと離れてましたねえ。

Dsc05685
ギリシア館。国難を象徴してか暗い展示。

Dsc05628
ロシア館。歴史の展観。

Dsc05623
韓国館。政治性強い。

・・中国もあったけど撮り忘れ・・(^-^;

190_n
そしてこれが日本館です!

今回は下から覗き込むという手法です。

90_n

皆順番を待って並んでましたよ(゚▽゚*)

472_n
覗き込んでる人を上から観るという

2重構造になった作品なんです(゚▽゚*)

細密に造られた都市の模型とともに 大量生産、消費されてきた衣類などが 置いてあります。

604_n
30代の男性作家さんの作品。厳島神社。

水の映りこみまで造ってる。

雑で?激しい展示が多いなかで日本の

繊細さに触れてほっとする(^-^;

日本がこれまで辿ってきた経済成長や

原発事故,ユーモアなど・・

「日本的なもの」全てが盛り込まれた

内容でした。

***==*:==**

でも今回特に印象に残ったのがこれ。

16290_n

89104_n

イスラエル館。

核ミサイルが発射されたあとの巨大なきのこ雲

のようなものと壁と床・・のみのシンプルな構成。

世界中が破壊された跡・・を見せられて

いるようで衝撃的でした。

自国の核ミサイル開発に対する作家の

抗議のようにも見えます。

・・・・そして一番心に刺さったのがドイツ館。

一面ガラスの床。


848729_n

歩くのが怖い。

生きていくことの恐怖のようなことを連想

させます。


752447_n
制作途中の様子も残してあります。

Dsc05617

「薄氷を踏む思い」を実感させられた感じ。

・・・・・・・

自分が今まで辿ってきた人生を思いながら

何だか涙がでそうな気分になったのでした。

「感動する」とはこのこと。

女性作家さんの作品ですがこれが今回の

最高賞だったというのも分かるような・・。

**:==*:=-*:==

他の第3国の展示は街中に点在していて

ちょっと差別、見つけるの大変

・・と感じました(ρ_;)

そうやって1日目は国別展示を観て

次の日はアルセナーレというところに

水上バスでやってきました。

ここは個人別展示です。

過去に国代表として参加してきた各国の

作家さん達の作品がいっぱいです。

Dsc05751

Dsc05717_2


Dsc05721


Dsc05851


Dsc05899


Dsc05845


Dsc05913

こういうどでかいインスタレーション作品が

殆どですが・・

Dsc05574


Dsc05567


Dsc06059

勿論平面もあり・・

今回は特に学術や芸術といったことがテーマ

ということで・・・

Dsc05729


Dsc06040


Dsc06042

本をモチーフにした作品群や・・・

Dsc05552

Dsc05551

Dsc05553
芸術創作活動そのものに焦点をあてたもの・・

(これは映像作品)

Dsc05542

「作家は休憩中」って私みたい(^-^;なのや・・

Dsc05557


Dsc05558

光ワークショップで「繋がり」を実現するもの

などなど・・。

Dsc05928_2
これは日本人作家さんの作品。

アップルコンピューターの蓋を研磨して

包丁にし、りんごを切る、という映像。

Dsc05731

これも日本人グループによるベネチアの運河

くだり(これは30年前の日本での写真)。

「我々は果てしない旅を続けるが思いは

ひとつ・・」

**==**

Dsc05738
地図を頼りに歩くと・・・

Dsc05742

こういう映像作品も・・・

***==*:==**

ごくごく一部しかご紹介できませんでしたが

如何だったでしょうか?・・

とにかく暑くて疲れた・・

というのもありますがやっぱり良かったです。

**:=-**==

今回のベルリンからベネチアの旅で

「真の芸術家になりたい」という思いを

強くした次第です。

これからも精進致します

(*゚▽゚)ノ

長らくご愛読いただき有難うございました

 o(_ _)o

引き続きアトリエ情報配信していきます。

生徒さん達の進歩を願って。

http://studio.artuminaka.com/


« 6月9日(土)子どもコース | トップページ | 6月16日(土)中高校生コース »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/601419/66810068

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ記34ベネチアビエンナーレ:

« 6月9日(土)子どもコース | トップページ | 6月16日(土)中高校生コース »